スマートフォンサイトはこちら
follow me
広告掲載 お問合せ
携帯サイトQRコード

【衝撃】 忍者が水の上を歩く道具とされる「水蜘蛛」、浮き輪の様にして水の中を歩く道具だった まとめちゃんねる 2chブログ&ニュース アンテナサイト

twitter follow me このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

ニュースやコピペブログまとめサイトまとめ まとめちゃんねる

2017/03/15 痛いニュース(ノ∀`) mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前: 栓抜き攻撃(栃木県)@\(^o^)/ [CN]:2017/03/15(水) 12:12:05.19 ID:9Pf3zIwm0●.net
1「水蜘蛛」はこうやって使う
中島さんが完本のもとにした国立公文書館内閣文庫の蔵本の万川集海は、忍術を伝える22巻と兵法書である「万川集海 軍用秘記」からなる。22巻の中には、「家忍之事」(第13巻、家の中に忍び込むこと)や「忍夜討」(第15巻、夜襲すること)といった特殊任務から、「登器」(第18巻、壁などを登る道具)や「火器」(第21、22巻、火薬や火を使った道具)などの忍器まで広く紹介している。

万川集海に記された特殊な道具やさまざまな忍術は、現代の研究者だけでなく、忍者に関心のある人にとってもまさに「宝の箱」で、詳しく知れば新しい発見も。

例えば、中央の四角形の板を囲むように4枚の板を円形に組み合わせた「水蜘蛛」と呼ばれる水器。水蜘蛛を2つ用意し、中央の板に足をのせて忍者が水面を歩く想像図を見たことがある人もいるだろう。現代ではテレビで水面歩行に挑戦するシーンも見られるが、ほとんどは沈んで失敗に終わり、かねて実用性が疑問視されていた。

万川集海にも、水蜘蛛の外径を「二尺一寸八分(約65センチ)」にすることや、中央の板に「牛皮」を敷くことなど細かい記載があるものの、使い方の説明はない。しかし中島さんが収集した別の古文書には中央の板に「座る」と書かれており、中島さんは「一つの水蜘蛛に座り、足に『水掻(みずかき)』をはいて、水面を進んだのでは」と推測する。

このように使うと安定して座ることができ、「水面で弓を使ったり、鉄砲を撃ったりすることも可能なはず」と中島さん。よく知られた想像図にあるような使い方とはずいぶん違ったようだ。水掻は「万川集海」でも水蜘蛛のすぐ後に紹介されており、足をかくときだけ二重になった板の後ろの部分が開き、水をかくことができるという。

http://www.sankei.com/west/news/170315/wst1703150002-n2.html
続きを読む
オススメBlogランク オススメBlogランク オススメBlogランク オススメBlogランク オススメBlogランク
03/30
まとめサイト人気度 23:27
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 亡き息子(18)のiPadロック解除要請、アップル社が拒否 記事詳細
まとめサイト人気度 21:34
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 【画像】 東京新聞「辻元叩きは女性差別!」 記事詳細
まとめサイト人気度 19:48
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share SEIYUドットコムがついに再配達有料化へ 他社も続々追随か 記事詳細
03/29
まとめサイト人気度 23:38
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 増毛パウダーを振りかけた男性がMRIに入る→装置の中にパウダーが飛び散り故障 記事詳細
まとめサイト人気度 22:38
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 【画像】 パン屋さん、とんでもないオレオの使い方をする 記事詳細
まとめサイト人気度 20:58
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 「環境省の萌えキャラは性差別!」 女性アナウンサーが非難「時代に逆行、けしからん」 記事詳細
03/28
まとめサイト人気度 21:58
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 「太陽が15日連続で活動してない!」 NASAがガチ発表 今の寒さは“ミニ氷河期”の前触れ 記事詳細
まとめサイト人気度 19:34
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 男性「踏切すれ違えないので後退して」 女性「は?なんでよふざけんな」→車に特急衝突 記事詳細
まとめサイト人気度 03:40
twitterでつぶやく mixiボイス Facebook share 「用水路に女児の死体がないか見て回ろう」など、2ちゃんねるに犯行を示唆する書き込み 記事詳細



ブログサイト一覧

ページトップへ移動